必要最低限!ベタ水槽立ち上げ 初心者向け

ベタの育成日記

前回購入したベタ。トマト色+オスということで、名前は「とま雄」と名づけました^^

さてそのとま雄の水槽ですが、やはり小さい水槽だと管理が大変。すぐに水が濁るは毎日水換えしなきゃいけないはとやっているうちに、だんだんとま雄が弱ってきた印象があります。

やはり毎日のように水を替えるのは衛生的なようにみえて、結構魚への負担が大きいです。綺麗だったヒレも「ダマ」のような、ちょっと縮れたような形になって危機を感じはじめました。そこで、のびのびととま雄が暮らせるようにと、水槽とフィルター一式を新しく購入しました!

購入したもの一覧↓

寿工芸 レグラスフラット F-250S/B
寿工芸 レグラスフラット F-250S/B

まずは元となる水槽ですね。今回はテラリウムなどをすでに置いてある棚に置こうと思っていたので、幅25cm・奥行き16cmの水槽にしました。容量は8Lなので、前日まで使っていた水槽の約2倍。本当は30cm水槽が適正だと思うのですが、今回は設置スペース重視で可能な限り30cmに近いものを選びましたよ。(あとで記入しますが、想像以上に水槽が重かったため設置は別の場所になりましたが^^;)

テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-20
テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-20

ベタはヒレが大きく、水圧が苦手。なので入れない方が良いという意見もありますが、私は導入しました。理由はやはり水質の管理をしたいから。水圧もありますが、何より水質悪化はベタの病気の元にもなります。毎日水換えするのもベタ・人間共に負担ですしね。水圧・水流を抑える工夫も出来るようなので、私が買ったのはコチラ。その水流コントロールテクニックはこちらをクリック(別記事)

エヴァリス プリセツトオートヒーター 10
エヴァリス プリセツトオートヒーター 10

困ったことに、私の買った水槽は容量8Lだったのに対し、このヒーターは4Lまでしか対応してなかったんです;これは完全にミスチョイスでした(涙) ただ、商品自体のレビューは大変良かったですし、水槽が4Lだったらこれが良いように思います。お値段も1000円くらいでお手頃ですよ。私の部屋は冬場も比較的温かい上、一晩稼働させてみて水槽内全体が水温が26度と安定していたので、ひとまずは・・・これを設置しておこうと思います。夏場になれば要らなくなると思いますし(逆にクーラーが必要になるかも^^;)

水作 マグテンプ M
水作 マグテンプ M

水質や水温をちゃんと管理するなら必須になってくるかと思います。私が購入したのは吸盤(キスゴム)ではなく、磁石でくっつけるもの。アマゾンレビューも良かったんですが、使ってみて「ああこれ便利!」と自分で感じたのは、水の中に手を突っ込んで水温計を移動させなくて良いということ。ガラス外側の磁石を移動させれば、内側の水温計も一緒に動くので簡単に水槽内の好きな箇所に設置できます。これなら水面と水槽底の温度も測れるので、かなりおすすめです!

水作 ベタのおやすみリーフ
水作 ベタのおやすみリーフ

あとはこちら。アマゾンで「ベタ」と検索するとトップに出てくるほどベストセラーのアクセサリー。ベタは水草等に隠れるクセがあるらしく、ベタの休憩スポットや産卵などの時にも役立つそうです。生憎私のところはまだコレで休んでくれていませんが、葉っぱ部分も柔らかく、ヒレが傷つく心配はなさそうです。この葉っぱよりフィルターや水温計付近が、うちのとま雄はお気に入りです^^;

ベタ水槽 初心者が設置した必要最低限の設備イメージです

ライトはコンセントが足りない関係で今回購入していません。夜だとちょっと薄暗いですね(汗)昼間は窓際にある関係で明るく見えていいんですが・・・。なのでこの水槽では水草は入れないようにしようと思っています。コスト削減にも繋がりますしね。環境を整えるためにはあった方がいいんですが、それは追々検討します。


 

タイトルとURLをコピーしました