届きました!デッサン人形「S.H.フィギュアーツ ボディくん」ご紹介

S.H.フィギュアーツ ボディくん(Pale orange Color Ver.) 約150mm ABS&PVC製 可動フィギュア 商品レビュー

去年2015年の12月27日に予約した、バンダイのデッサンモデル人形「S.H.フィギュアーツ ボディくん」通常バージョン(肌色)が、本日夕方届きました!

S.H.フィギュアーツ ボディくん(Pale orange Color Ver.) 約150mm ABS&PVC製 可動フィギュア パッケージ画像
マッドな質感の箱に入っていまして、第一印象はワコムのペンタブレットの箱っぽいと思いました(笑) 箱の中には説明書や、上手くポーズを取るためのコツが書かれた小冊子が入っています。

バンダイ発売の デッサン人形「S.H.フィギュアーツ ボディくん」開封イメージ S.H.フィギュアーツ ボディくん(Pale orange Color Ver.) 約150mm ABS&PVC製 可動フィギュア 発売元はバンダイ

いざ箱から出してみると、結構小さく感じました。約15cm。関節などはちょっとちゃっちい感じがします。強く曲げようとすると折れるかも^^; 取り扱いは慎重に、ですね。しかし、ちゃんと自立しますし、イラストや漫画のキャラクターをイメージしやすい造形は、好感度大でした!

他のデッサン人形はムッキムキのマッチョ過ぎて、日本人を描くにはちょっと似合わなすぎたので、この「ボディくん」を見つけた時は小躍りするほど感動しました。12月から4ヶ月、待ったかいがあったというものです!

S.H.フィギュアーツ ボディくん 関節はどこまで曲がるのか

肩は写真くらいまで上がります。腕はグルンっと回せるので、後頭部に手をあてるのも余裕。手首もちゃんと動かせますし、少しなら肩も前後に動かせます。腰・ウエスト・上半身と三箇所動かせるので、S字ポーズも猫背も、背中をそったポーズも思いのまま! 全身30箇所以上可動を謳うだけあり、柔軟にそして格好良く複雑なポーズが可能です。

ちょっとマイナスを付けるとするならば、膝は90度しか曲がらないので、正座はできません。(和の空間に居るキャラを描こうとしているのなら、ちょっと気をつけた方がいいかも)。そして体育館座りも、ももを胸に当てるほど深くは出来ません。ただ、自然な座り方は十分に出来るので、「正座が出来なきゃ困る!!」ということがない限りは大丈夫かと(笑)

バンダイのデッサン人形(フィギュア) ボディくん 座るバンダイのデッサン人形(フィギュア) ボディくん 座る

追記:膝はここまで曲がりました!(笑)

S.H.フィギュアーツ ボディくん(Pale orange Color Ver.) 約150mm ABS&PVC製 可動フィギュア S.H.フィギュアーツ ボディくん(Pale orange Color Ver.) 約150mm ABS&PVC製 可動フィギュア
デッサン人形 自立 バンダイのデッサン人形(フィギュア) ボディくん

左の写真、スタンド無いのに自立しましたよ(驚)このボディくん、ポーズだけでなく、キャラの重心がどこにかかってるかも手で触りながら感じれるのでかなりおすすめですね!



 

タイトルとURLをコピーしました